8割以上の会社が違反なら法令の方が悪いかも

ブラック企業の調査で、実に8割以上の事業所が何らかの法令違反をしているそうです。これはもう法律が機能していないような気がします。それならいっそのこと法律を軽くしてみたらいいんじゃないかとさえ思えて来ます。そうなれば法的には優良企業でいっぱいになります。しかしその実情は過酷な労働を強いられる厳しい社会になるので無理な話かと思います。

ニュース記事によると違反している事業者には是正勧告をして改善を求めるようですが、それでは生ぬるいと思います。現に法令違反をしているのだから、公表して書類送検するべきです。しかしそれは是正しない事業者のみに適用されるようです。これでは厚生労働省は腰が重いのかと思ってしまいます。

本当に何とかしようと考えているのなら過去に遡って、法令違反を追及してほしいものです。しかし人手が足りないなどと理由を付けては何もしないのが監督省庁の行動基準でもあるので、全然期待できません。少なくとも法律はだけは守らせるか、改正するかしてほしいです。